You are here: Warm-me » 動物 » 動物たちにも心があることがわかる10の事実

動物たちにも心があることがわかる10の事実

世界には人間だけでなく、様々な動物が生活しています。昨今の研究では、動物たちにも心や知性があることが分かってきています。そこで今回は、世界の動物たちの「心」がわかるエピソードをご紹介します。

2.体の不自由なイルカを迎えいれたマッコウクジラの家族

マッコウクジラ

マッコウクジラの家族が、フィンが不自由なイルカを家族として迎えいれています。イルカとマッコウクジラのパートナーシップが観測されたことはこれまで皆無。「イルカは体が不自由なため、マッコウクジラと同じ速度でしか泳げず、そのことがかえってプラスに働いたのでは」と動物学者は考えています。

2.柵の中に落ちた赤ちゃんを助けたゴリラ

ゴリラ

動物園で、赤ちゃんが誤って約6メートル下の柵の中に転落。それを見たメスのゴリラは赤ちゃんを抱きかかえ、飼育員さんのもとに安全に運びました。きっと母性本能が働いたのでしょう。

3.盲目のジャックラッセルにつきそうスタッフォードシャーテリア

ジャックラッセル

このスタッフォードシャーテリアは盲目のジャックラッセルの目となり、どこにいくにも一緒。食べ物や寝床を探すなど、片時も離れたことがないそうです。

4.子供が喉を詰まらせた時に知らせたオウム

オウム

このオウムは赤ちゃんが朝食を喉につまらせ泣いてる時、飼い主が助けに来るまで羽をばたつかせながら「ママ、アカチャン!」と叫んだそうです。

5.シロイルカがダイバーを救う

シロイルカ

中国でダイビング大会が行われた際、1人のダイバーが気絶してしまいました。そこに、シロイルカが現れてダイバーを海上まで引っ張りあげたため、ダイバーは一命をとりとめました。

6.孤独な赤ちゃんカバが130歳のカメと友達になる

カメとカバ
カメは社交的ではありませんが、カバの赤ちゃんのオーウェンに対しては特別のようです。オーウェンはいつもカメのムジーにくっついて歩き、ついに親友となってしまったのです。オーウェンはムジーにグルーミングし、すり寄り、一緒に冒険して回るのです。

7.迷い猫を助け我が子のように世話をするメスザル

猿と子猫

アフリカのジャングルに住む猿「マカク」が、迷っていた猫を捕獲。あたかも自分の子どものように面倒を見て、世話をする様子が目撃されています。

8.溺れそうな犬を救ったマナティ

マナティ

犬が海に落ち、もがいているところに現れたのが一匹のマナティ。犬が泳ぎつかれないように浮き代わりとなり、助けが来るまでサポートしていました。助けが来るとマナティは海にかえって行ったそうです。

9.親友の犬を失った猫がとった行動

子猫

子猫のスカウトは、親友である犬のチャーリーをガンで失いました。飼い主はそんなスカウトのために、iPadにチャーリーの映像を入れて、チャーリーのベッドで再生。すると、チャーリーの映像を見たスカウトはiPadのスクリーンに擦り寄ったのです。

10.ライオンが2人の少年と再会

ライオン1

ライオンのクリスチャンは1969年に、2人の少年のもとに里子としてやってきました。しかし、数年後にライオンは手に負えないほど成長したため、両親は森に返すことにしました。その後、クリスチャンはライオンの頭領となり、少年たちのことは覚えていないと伝えられました。

時が経ち、少年たちは大人になると、クリスチャンを探しました。長い捜索ののち、2人はようやくクリスチャンを探しだしました。そして…

ライオン2

クリスチャンもまた、2人を覚えていたのです。

Warm-me:2015-08-05