You are here: Warm-me » ヘルスケア » 不眠とはサヨナラ!? 最新科学で分かった「60秒以内に寝られる方法」

不眠とはサヨナラ!? 最新科学で分かった「60秒以内に寝られる方法」

a-girl-sleeping

早く寝なきゃいけない夜ほど、気が焦ってますます寝られない…。誰もが1度や2度は経験したことがあるかと思いますが、この度アメリカのアリゾナ州を拠点に活動するウェイル博士が、薬や機械にたよることなく、たったの60秒ですぐに眠れる方法を発表しました。

ウェイル博士が提唱する「4-7-8呼吸法」はヨガの「プラーナヤーマ呼吸法」を元にしたもので、神経システムに働きかける自然な鎮静剤というべきものです。このメソッドを実践することで身体の緊張をほぐし、深い眠りにつくことができるといいます。さっそくその方法を紹介しましょう。

【4-7-8呼吸法】

  1. まず口から息を「シューッ」という音とともに、完全に吐き出します。
  2. 口を閉じ、4秒かけて鼻から静かに空気を吸い込みます。
  3. 7秒間、息を止めます。
  4. 最後に、再び「シューッ」という音とともに、8秒間かけて息を吐き出します。
  5. 2~3を3回繰り返します。
  6. breaths-relaxing-meditating-lgn


ポイントは静かに息を吸い込み、音を立てながら吐き出すこと。「吸気の約2倍の時間をかけて吐き出してください。正確な時間が重要なわけではありません。4-7-8の比率が大切なんです。マスターするまで、1日2回、6〜8週間ほど続けてください」(ウェイル博士)。

4-7-8呼吸法により、肺により多くの酸素を肺に送り込むことで、安静状態を産む副交感神経に働きかけます。ストレス状態では神経系が過剰に働き、睡眠を妨げる要因となります。この呼吸法は体をリラックスさせつつ、日常の悩みからも解放してくれるものだと博士は言います。

カンタンにできるこの方法、ぜひ試してみてください。それでも寝られない、という方は「眠れないアナタを心地よい睡眠に誘う食べ物9選」も参考にしてくださいね。

出典:dailymail.co.uk

Warm-me:2015-05-05